植物分子生物学研究室

主任研究員(理博)篠崎 一雄

 植物の系では分化の全能性、外部環境への適応、植物ホルモンによる調節、光合成など動物の系とは明らかに異なった植物独自の生理的あるいは遺伝子発現レベルでの制御機構が存在しています。
 当研究室では、植物系での遺伝子構造解析及び発現制御の研究を通して高等植物の成長、分化、環境応答における遺伝子発現とシグナル伝達について分子生物学的に解析することを目的としています。また、植物実験系での遺伝子操作の開発も行います。

  1. 外界からの種々の刺激やストレス(特に低温、乾燥、塩ストレス)による植物系での遺伝子発現制御及びモデル実験植物シロイヌナズナの系での機能遺伝子の解析
  2. 植物ホルモンによる遺伝子発現制御の分子構造の解析
  3. 植物系でのシグナル伝達機構の分子レベルでの解析
  4. モデル植物遺伝子のゲノム科学的手法による機能解析

   Microarray Data

   植物分子生物学サイトリンク集

   植物ゲノム機能情報研究グループホームページへ