エイズウイルス

ヒト免疫不全症ウイルス(HIV)。 HIVがヒトのT細胞(リンパ球の一種)に感染すると、本来体内に侵入した病原菌を攻撃したり、 抗体をつくる抗体産生細胞の働きを助けたりする生体防御の働きを防げ、からだの免疫きのうが低下して いろいろな病気にかかりやすくなる。